工業高校で資格取得

工業高校で資格取得を

仕事に役立つ様々な資格を取得

工業高校には様々な学科が設置されていて、たとえば機械科や電気科、情報科や建築科などが挙げられます。三年間を通してたくさんの専門知識の勉強や実習を行い、社会で役立つ基礎を学んでいきます。また、就職活動や仕事に役立つ様々な資格を取得することができ、手っ取り早く取得できる危険物取扱責任者や溶接技能検定、また非常に難易度が高い電験3種など、非常に幅広いです。工業高校において資格をたくさん取得することは、将来役に立つだけでなく、生徒に自信をつけさせることにも効果が期待できます。たくさん勉強して、将来の日本を支えるような人間を目指しましょう。

工業高校における資格取得

工業高校では学科ごとに様々な資格取得を推奨しています。例えば電気関連の学科であれば最も実用的な資格の一つとして第二種電気工事があります。第二種電気工事士は、受験において実務経験が必要なく受験することができます。また、その内容は授業の内容ともリンクする部分が多く勉強することは一石二鳥になります。また、工業系に人気なのが危険物取扱者です。こちらも受験に実務経験は必要なく受験しやすいです。危険物取扱者は取り扱う物質により1から6類まで分類されていますが、最も実用的で人気なのは第4類です。これはガソリンスタンドなどで活用することができます。

工業高校でとれる資格情報

↑PAGE TOP